×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ダイエット 食品(フード)総合

健康的なダイエットを実践するうえで基本となるのが「食事」です。

効率よくダイエットを行う為の考え方や食べ方です。

ダイエットの基本は規則正しい食生活

食事の基本&理想は三食きちんと摂ることです。一食抜くと空腹時間が長くなり、次の食事でエネルギー吸収が必要以上に高まってしまいます。

ドカ食い(大食い)になり肥満の原因になってしまいます。注意しましょう。

気をつけたいのが、ダイエットをはじめると、どうしても必要な栄養素が不足しがちになってしまいます。特にタンパク質は筋肉を構成する大切な栄養素であり、その筋肉は基礎代謝を促進させる重要な役割があります。

基礎代謝のアップは、ダイエットを効率よく行うカギです。1日にタンパク質を約60g(卵1個、白身魚1切、赤身肉薄切り3枚)摂取するよ う心がけましょう。

痩せる為の食べる順番。

ダイエット効果を狙うなら、食べる順番も意識して下さい。

最初にご飯や麺類等の炭水化物から食べてしまう人は要注意です。炭水化物を最初に食べると急激に血糖値が上昇し、脂肪を溜め込むインシュリンが大量に分泌されてしまいます。

血糖値の急激な上昇を抑える為に、1・食物繊維(野菜・海藻な ど)2・タンパク質・脂質(肉や魚など)3・炭水化物(ご飯や麺など)といった順番を繰り返すように食べることをオススメします。(上記以上に食事でのダイエット効果を上げるには1だけを食べ終え、2だけを食べ終え、3だけを食べ終える方のが良いです。)

食品(フード)ダイエットで多い「単品・置き換え」「ダイエット食品」「サポート食品」「その他」について解説します。

「単品・置き換え」ダイエット

単品ダイエットは、1日の食事全部を特定の食品だけ食べるダイエット方法です。

置き換えダイエットは、3食のうちの1食を特定の食品に置き換えるダイ エット方法です。

どちらも簡単に実践する事ができ、短期間であればダイエットの成果が現れやすいです。

悪い点は、特定の食品だけを食べ続けるので飽きてしまい長続きが難しいです。(置き換えダイエットの方が長続きします。)

「ダイエット食品」ダイエット

ダイエット用に開発された食品です。栄養のバランスが優れている、商品によってはバラエティーが豊富で味の変化が楽しめる、という点が魅力です。

長期間続けると、経済的負担が大きいです。

「サポート食品」ダイエット

ダイエットに役立つ馴染みのある食品を活用して行うダイエット方法です。

「とうがらし」「お酢」「しょうが」「オリーブオイル」等々です。それぞれの効能を理解して、食べ方を工夫するだけで、ダイエット効果がアップします。

「その他」の食事によるダイエット

ダイエット用に考えられた食事方法を実践していくダイエット方法です。

「レコーディングダイエット」「1日5食ダイエット」等々色々あります。

ご自分の体質やライフスタイルに合ったダイエット食品を見つけてみましょう。

 

ダイエット食品(フード)Ⅰ

ダイエット食品(フード)Ⅱ

ダイエット食品(フード)Ⅲ

ダイエット食品(フード)Ⅳ

 

ホームヘ